笠置町商工会のご案内




◆商工会プロフィール◆
商工会は、地域の商工業の振興と住みよい地域づくりに寄与するため、商工業者によって組織された総合的経済団体です。

◆性格◆
商工会は、「商工会法」(S35.5.20)に基づいて都道府県知事の認可によって設立された公益法人です。
笠置町商工会は、昭和35年10月10日に京都府知事の認可を受けて設立されました。

◆目的◆
商工会は、指導団体として、その地域にあるすべての商工業者について、公正な立場から地域商工業の総合的な改善発達と、社会全般の福祉の増進に取り組んでいます。

◆商工会の事業◆
【経営改善普及事業】
小規模企業の経営や技術の発展を図るための事業で、通商産業大臣の定める資格を持つ経営指導員などが、金融・税務・経理・労務などの相談や指導に従事するとともに、商店街の近代化やむらおこし事業など、地域の活性化のために様々な取り組みを行っています。
秘密厳守、原則無料にて相談指導にあたっていますので、安心してご相談下さい。
【地域総合振興事業】
地域の「総合経済団体」また中小企業の「指導団体」として、豊かな地域づくりと商工業の振興のために、様々な地域の振興事業に取り組んでいます。


笠置町商工会の現況
(平成27年 5月末現在)
会員数 81名 (組織率 89%)
青年部員 13名
女性部員 28名
役員 16名 (会長)松井 克夫
事務局 2名



カヌー キャンプ ハイキング 自然公園 旅館 食文化

copyrighted by ad provision